知的財産権

よくある知的財産権に関する相談ケース

特許を侵害しているとの警告を受けたが、放置するとどうなるか。
当社の製品とそっくりな製品を他社が発売した。特許をとっていないが差し止められるか。
新製品のために思いついたアイデアについて、特許を出願したいが予算がない。何か方法があるか。
当社の昔からの商品やサービスの名称を他社に使われたくないが、何か方法があるか。
当社の独自のノウハウを、秘密で守っていくべきか、特許出願して公開すべきか。
他社のマニュアルを参考にして、当社のマニュアルを作成したいが問題ないか。

知的財産権に関して弁護士兼弁理士へ相談するメリット

たとえば特許の内容を理解するためには、その技術的な内容の理解が不可欠です。

技術的バックグラウンドがあれば、短時間にて技術内容の理解が可能ですし、深い理解が可能です。 他方で、特許に関する紛争においては、法律に関する深い知識と経験が必要とされることは当然です。
すなわち、特許等の知的財産権に関する紛争、あるいは紛争を予防するためのリスク管理においては、弁理士的な視点と、弁護士的な視点の双方が必要とされます。


弁護士兼弁理士であれば、ワンストップの解決が可能です。

弁護士・弁理士 山田基司 03-3263-3213
top_img08_spimg.png
弁護士ブログ 弁護士ブログ 報酬規定