特許出願前に知っておきたいこと

特許を出願したいと考える場合、必要書類と費用を用意して特許庁に提出します。
しかし、発明した項目が多いほど出願審査請求において膨大な金額がかかるリスクがありますので、
可能な限り費用の削減を目指すことが大切です。
また、特許出願は、煩雑な手続きがネックとなる場合があります。
弁護士に一任することでスムーズな取り組みができ、費用と労力の削減も可能となるので、
ぜひ相談することをお勧めします。
こちらでは、特許出願の費用削減についてや特許出願を弁護士に相談するメリットをはじめ、
特許侵害だと警告を受けた際の対応策など、特許出願前に知っておきたいことに関して、
詳しく解説しています。

特許を出願したいと考える場合、必要書類と費用を用意して特許庁に提出します。しかし、出願審査請求において膨大な金額がかかるリスクがありますので、費用削減を目指しましょう。

特許出願は、専門的な知識を持つ弁護士に相談しておくことがお勧めです。特許庁への書類提出から連絡の窓口まで請け負ってもっらうことができ、労力の削減等につながります。

特許侵害だ、という警告を受けの取った場合、焦ってすぐに行動を起こしてはいけません。まずは相手方の主張が正しいかしっかりと精査しておきましょう。その後の対応策をまとめるにも必要です。

弁護士・弁理士 山田基司 03-3263-3213
top_img08_spimg.png
弁護士ブログ 弁護士ブログ 報酬規定